五十嵐歯科医院は多数の実績で安心で安全な治療

インプラント手術と歯科麻酔

インプラント手術で行う麻酔の種類は?

インプラント手術で行う麻酔の種類は?

インプラント手術は、通常、局所麻酔で行います。痛みはありませんので、安心して手術を受けていただくことができます。
…とはいっても…意識ははっきりしています。手術中の音や振動などがすべてわかってしまい、緊張や不安が高まってしまいます。緊張や不安は心身に大きなストレスをもたらし、場合によっては予期せぬ重篤な偶発症をも生じかねません。
局所麻酔によるインプラント手術に、静脈内鎮静法という方法を併用すると、手術中の意識が薄れ、心身に与えるストレスを減少させることができ、より快適、より安全に手術を受けていただくことができます。

麻酔の流れ

(1)鎮静剤を注射
鎮静剤を注射します。
しばらくすると、眠くなってきます。
(2)意識が薄れてきます
意識が薄れ、ウトウトしている間に局所麻酔の注射をして、その後、手術を完了します。
(3)手術完了
十分に休憩し、眠気やふらつきが無くなってから帰宅します。

より安全な麻酔を行うために…

静脈内鎮静法を併用した手術に伴う全身管理は、歯科口腔外科領域における「全身麻酔」「鎮静法」「疼痛治療」当を専門に行う歯科麻酔医(日本歯科麻酔学会認定医)が担当します。

安全な麻酔

手術に先がけ、診察(問診・血圧測定・胸部聴診 等)および検査(尿・血液・心電図 等)を実施し、患者さん個々の健康状態や体質などを考慮した管理計画を立てます。

安全な麻酔

手術中は、最新の生体情報モニターを駆使し、脈拍・血圧・心電図・呼吸等の全身状態を厳重に監視しながら鎮静管理を行います。

「インプラントにしようか迷っている」「料金はどの位かかるのか心配」「専門家のアドバイスが欲しい」などインプラントについて不安に思われていたり悩んでいることはありませんか?
初心者の方にもわかりやすく説明しておりますのでご安心してご相談ください。

ページの先頭へ

ダイナースクラブ「デンタルケアサービス」

京都でインプラントの治療なら五十嵐歯科医院

京都府京都市西京区下津林南大般若町46

阪急桂駅東口より徒歩20分またはバス

JR桂川駅より市バス70系統で「下津林大般若町」下車すぐ

市バス「特南1」「70」「南1」「下津林大般若町」下車すぐ

詳しいアクセスはこちら

ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア

神奈川歯科大学客員教授に任命されました

国際口腔インプラント学会アジアパシフィック地区副会長に就任

ICOI国際インプラント学会日本地区の副会長に任命頂きました