五十嵐歯科医院は多数の実績で安心で安全な治療

インプラントは危険?

他歯科で行った、インプラント手術例。正中にささったブレード型インプラント。

インプラントを手術する場合、埋入位置、幅、長さを把握し施術する必要があります。
また、同時に歯槽膿漏の処置を行う必要があります。他歯科で行ったインプラントケースを治す機会がよくあり、埋入位置、神経位置の確認、形態の確認が不備が原因で再々なトラブルを当インプラントセンターでは見聞する機会があります。(右図参照)
これは、インプラントが悪いのではなく、それを行う歯科医に問題があります。歯周病の処理をおこなわず、インプラントを埋入したり、骨再生、再建を行わないのは、インプラントの寿命を縮めます。

インプラントを成功させるためには

徹底的な術前チェックを行い成功へと導きます。
この為に、
(1)CTスキャンによる3次元画像の作製。
(2)必要なら光造形モデルによる術前の顎模型の作製。
(3)歯科麻酔医の術前チェック
(4)専門の手術室の完備

などの設備を備えていると安心です。

CT-スキャン

CT-スキャンによる3次元画像作成から解析ソフトを使用し、術前のチェックを徹底的に行います。

模型上で模擬手術

顎骨の形態をプラスチィックモデルで再現し、手術前に模型上で模擬手術を行えます。この事で全てを把握した上での安全な手術が行えます。

ALL-ON-4ガイドを使用してインプラントを正確に埋入

ALL-ON-4ガイドを使用してインプラントを正確に埋入

インプラントが不成功に終わる原因

ALL-ON-4ガイドを使用してインプラントを正確に埋入

インプラントが不成功に終わる原因

歯科医の技術レベル、設備の有無によりインプラントの出来不出来が決定されます。インプラントは非常に専門性の高いものです。歯周病治療を併用し、十分な症例を提示できる歯科医院で手術を受ける必要があります。我々は患者個々の写真を、治療ステップごとに撮影保存しています。この為あらゆる症例を提示することができます。1万枚以上(最近の新しい写真のみで)の症例写真を見せることができる為、患者様の様々な質問に答えることができます。

※全身疾患のある患者、ヘビースモーカー、糖尿病が重篤な場合、骨欠損の著しい場合など、インプラントが出来ない場合があります。

「インプラントにしようか迷っている」「料金はどの位かかるのか心配」「専門家のアドバイスが欲しい」などインプラントについて不安に思われていたり悩んでいることはありませんか?
初心者の方にもわかりやすく説明しておりますのでご安心してご相談ください。

ページの先頭へ

ダイナースクラブ「デンタルケアサービス」

京都でインプラントの治療なら五十嵐歯科医院

京都府京都市西京区下津林南大般若町46

阪急桂駅東口より徒歩20分またはバス

JR桂川駅より市バス70系統で「下津林大般若町」下車すぐ

市バス「特南1」「70」「南1」「下津林大般若町」下車すぐ

詳しいアクセスはこちら

ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア

神奈川歯科大学客員教授に任命されました

国際口腔インプラント学会アジアパシフィック地区副会長に就任

ICOI国際インプラント学会日本地区の副会長に任命頂きました