五十嵐歯科医院は多数の実績で安心で安全な治療

骨の足りない方のインプラント

「骨の量が足りない」という理由から他院でインプラントを断られた方へ

骨の量が足りない

インプラント治療は、インプラント体を顎の骨に埋入し、骨と結合(オステオインテグレーション)させることによって実現する方法ですので、治療の条件として、インプラントを埋入する顎の部分に十分な高さと幅の骨があることが必要となります。
歯周病の進行により骨欠損がひどい場合や、加齢とともに骨がやせてしまっている場合は骨を増やす骨造成治療を行うことで対処します。
「インプラント治療を受けたいけど、骨量が足りないので・・・」とお悩みの方もあきらめることはありません。

サイナスリフト法(上顎洞挙上術)

サイナスリフトとは、上顎の奥歯を抜歯したケースによく用いられる再生療法です。上の奥歯が無い場合、時間とともにこの空洞が拡大し、インプラントを埋入するのに十分な上顎の骨の量が足りなく(薄く)なります。 治療法は顎洞側壁骨の相当部の歯ぐきを切開し、骨窓を下から内側に押し上げて上顎洞の粘膜を拳上します。 そして拳上してできたスペースに移植材を入れ、外側を粘膜で被い骨が出来上がるのを待ってからインプラントを埋入します。

サイナスリフト

GBR法(骨再生誘導)

骨が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に骨のもとになるものを詰めて、骨の再生を促す治療法です。歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨や骨補填材を入れ、その上にメンブレンという人工膜をかぶせることで、骨の再生が促進されます。メンブレンには吸収性のものと非吸収性のものがあり、骨欠損の小さい場合は、吸収性のものを使い、骨欠損の大きい場合は、非吸収性のものを使用します。個人差がありますが、約4~6ヶ月で歯槽骨が再生されインプラントが安定します。

GBR

ソケットリフト法

ソケットリフト

上顎の奥歯の骨の高さが不足している場合に用いる骨誘導再生法のことです。
ソケットリフトは、サイナスリフトなどの難しい手術と比べてリスクの少ない簡単で安全な手術です。※しかし通常6ミリ程度の骨量が必要とされています。
上の奥歯を失ってしまうと、上顎洞が下方に拡大していきます。
同時に、失った歯の周囲の歯槽骨が吸収されていくので、歯槽骨の厚みが加速的に減少していきます。
ソケットリフトとは、そのように上顎の骨の厚みが薄い場合に、厚みを増すために行われる方法です。
上顎洞のインプラントを植える穴(もとの歯が抜けた部分)から、骨のもととなる物質を入れて、 少しずつ上顎洞粘膜(シュナイダー膜)を押し上げていきます。
押し上げられた粘膜と、その間に詰まった骨のもととなる物質の分だけ、骨の厚みを増すことができます。
骨のもととなる物質が固まって、完全に骨になるのを待ってから、インプラントを行います。

その他の治療法

エムドゲイン法
エムドゲイン法は、歯周病などで歯周組織の失われた部分にエムドゲインゲルという歯周組織再生誘導材を塗ることで歯周組織の再生を誘導する方法です。エムドゲインゲルの主成分は子供の頃に歯が生えてくる際に重要な働きをするタンパク質の一種です。 手術部位にエムドゲインゲルを塗布することによって、失われた歯周組織の周囲に歯の発生過程に似た環境を再現し、初めて歯が生えたときと同じような強固な付着機能をもつ歯周組織の再生を促します。
ディストラクション
ディストラクションは、吸収された結果高さが揃わなくなってしまっている歯槽骨の高さを揃えるために開発された手法です。ディストラクションインプラントは、水平に動かすことが出来る設計になっていて、歯槽骨内に挿入した後、徐々に前兆を延ばしていき、必要な高さまで歯槽骨を移動させるものです。
ディストラクションは、次の手順でおこなわれます。まず、ディストラクターと呼ばれる器具を、高さが不足している為にインプラントを導入できない部位に取り付けるため、その部位にドリルや骨ノミなどを使用し、骨片を作成し、ディストラクターの取り付けをおこないます。この手術の1週間後より、ディストラクターを少しずつ(1日あたり1mm程度)広げ、骨を作りたい位置まで骨片を引っ張りあげます。この手法を用いることにより、歯槽骨が再生され、インプラントを埋入するための準備が整います。

「インプラントにしようか迷っている」「料金はどの位かかるのか心配」「専門家のアドバイスが欲しい」などインプラントについて不安に思われていたり悩んでいることはありませんか?
初心者の方にもわかりやすく説明しておりますのでご安心してご相談ください。

ページの先頭へ

ダイナースクラブ「デンタルケアサービス」

京都でインプラントの治療なら五十嵐歯科医院

京都府京都市西京区下津林南大般若町46

阪急桂駅東口より徒歩20分またはバス

JR桂川駅より市バス70系統で「下津林大般若町」下車すぐ

市バス「特南1」「70」「南1」「下津林大般若町」下車すぐ

詳しいアクセスはこちら

ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア

神奈川歯科大学客員教授に任命されました

国際口腔インプラント学会アジアパシフィック地区副会長に就任

ICOI国際インプラント学会日本地区の副会長に任命頂きました