五十嵐歯科医院は多数の実績で安心で安全な治療

インプラント治療の流れ

一般的なインプラント治療の流れ

(1)術前検査

術前検査

CTスキャン、必要なら光造形モデル、心電図、血液検査、胸部聴診等を行い、治療計画をたてる。

(2)1次手術

1次手術

インプラントを決まった位置に埋入する。(2ヶ月~3ヶ月)
(注意)骨の形態、状態、骨移植の有無により期間には幅があります。

(3)2次手術

2次手術

インプラントを骨の中から口の中に出す。(ヒーリングスクリューをはめる。)

(4)仮歯を入れる

仮歯を入れる

長期間歯がなかったので、この仮歯で十分にかめるように顎の安定的な位置を確認する。(1~2ヶ月間)(注意)歯茎の量が不足している場合は歯肉を移植することがあります。

(5)アバットメント(歯の芯の部分)

アバットメント

歯の上部の構造をつくり出す。(1~3ヶ月間)

(6)歯をはめる

歯をはめる

ケースにより、長短期の期間の差があります。担当医に御相談下さい。

実際の症例からみるインプラント治療の流れ

「インプラントにしようか迷っている」「料金はどの位かかるのか心配」「専門家のアドバイスが欲しい」などインプラントについて不安に思われていたり悩んでいることはありませんか?
初心者の方にもわかりやすく説明しておりますのでご安心してご相談ください。

ページの先頭へ

ダイナースクラブ「デンタルケアサービス」

京都でインプラントの治療なら五十嵐歯科医院

京都府京都市西京区下津林南大般若町46

阪急桂駅東口より徒歩20分またはバス

JR桂川駅より市バス70系統で「下津林大般若町」下車すぐ

市バス「特南1」「70」「南1」「下津林大般若町」下車すぐ

詳しいアクセスはこちら

ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア

神奈川歯科大学客員教授に任命されました

国際口腔インプラント学会アジアパシフィック地区副会長に就任

ICOI国際インプラント学会日本地区の副会長に任命頂きました