五十嵐歯科医院は多数の実績で安心で安全な治療

インプラントのメンテナンス

メンテナンスの期間

メンテナンスの期間

治療終了後3ヶ月後に来院していただき、インプラントのチェックを行います。その後、通常は6ヶ月おきに(1年に2回)メンテナンスを行います。インプラント(白い歯の部分)は取り外しできるように、仮のセメントでセッティングします。この方法により、歯科医がインプラントの上部構造を取りはずし、洗浄、研磨する事で常に新品の状態に戻すことができます。

インプラントの寿命

インプラントの寿命

天然の歯と同様に、手入れが悪いとインプラントの寿命も短くなってしまいます。インプラントを維持するには、歯ぐきと顎骨が健康な状態を保っていなければなりません。そのためにも、正しい歯の磨き方(清掃方法)を守り、毎日確実に続けることが大切です。またインプラントも人間の体が年齢と共に変化していくのに応じて、定期的に検査をして、調整する必要があります。定期検診をし、適切な処理を行うことがインプラントの寿命を延ばすことにつながります。

タバコとインプラントの関係

タバコとインプラント

タバコはインプラント周囲の歯肉にダメージを与え最終的に、血液循環の悪化から、骨がとけていきます。この為、インプラント手術をする2ヶ月前には禁煙をしてもらう必要があります。インプラントを長くもたせる為には、タバコはやめていただく必要があります。
禁煙グッズは当歯科にて、おくばりします。

保証

保証

当歯科医院は、定期検診を受けらているインプラント患者に対し、当歯科が施術したインプラントに関するトラブルは保障させていただきます。(10年保証)
ソニッケアーをインプラント使用者に対してプレゼントしております。

ケアー

ケアー

当歯科医院では超音波歯ブラシ、ソニーケアーによる歯ブラシを指導、推奨しています。この歯ブラシにより口の中の菌の線毛が切れ、活動がにぶり歯周病菌の活性化を除去できます。このすばらしい歯ブラシにより、インプラントのメンテナンス効果は飛躍的に高まります。

マウスピースの装置

マウスピース

インプラントの本数が多くなる場合、就寝時にマウスピースを装着していただく必要が生じることがあります。(夜間の歯ぎしり防止、歯・インプラント保護の為。)このマウスピースを使用することで、歯の寿命を長くし、外傷性のかみ合わせ防止に効果があります。

メンテナンスを怠ると…

従来、虫歯などの治療の技術は発達していなかったため、一度の治療では完治しないことが多かったものです。ところが、インプラントという最新の技術が開発されたことによって、虫歯の治療は大きく発達しました。これによって、長期間にわたって効果が持続する治療が可能になったのです。
しかし、インプラントにもデメリットや問題点が無いというわけではありません。適切なメンテナンスを施さないと、せっかくの治療が無駄になってしまいます。90パーセント前後の人は、治療の効果を10年から15年ほど維持することができていますが、10パーセント程度の人は、途中で効果が無くなっているのが現実です。
インプラントというのは、通常の歯と比べると、非常に細菌が増殖しやすいという特徴があるのです。しっかりとブラッシングを行うようにしないと、口の中で細菌が次々と増殖していき、とても不衛生な状態になります。そうなると、歯周病など他の病気も引き起こすことになってしまい、虫歯が再発したりする原因となるのです。
インプラントは、治療に相当な費用がかかるものです。その後のメンテナンスを怠ったことで、再び治療の必要が生じてしまわないように、毎日の歯磨きを徹底するべきです。

「インプラントにしようか迷っている」「料金はどの位かかるのか心配」「専門家のアドバイスが欲しい」などインプラントについて不安に思われていたり悩んでいることはありませんか?
初心者の方にもわかりやすく説明しておりますのでご安心してご相談ください。

ページの先頭へ

ダイナースクラブ「デンタルケアサービス」

京都でインプラントの治療なら五十嵐歯科医院

京都府京都市西京区下津林南大般若町46

阪急桂駅東口より徒歩20分またはバス

JR桂川駅より市バス70系統で「下津林大般若町」下車すぐ

市バス「特南1」「70」「南1」「下津林大般若町」下車すぐ

詳しいアクセスはこちら

ファイナルレストレーション装着後の口腔周囲筋ケア

神奈川歯科大学客員教授に任命されました

国際口腔インプラント学会アジアパシフィック地区副会長に就任

ICOI国際インプラント学会日本地区の副会長に任命頂きました